WFが継続課金カットアプリ開発(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年10月14日9:00

米国人のなかには、会員制度や継続課金の契約を結んでいるが、利用していない人がいる。そこに目をつけたのが米国銀行のウェルズファーゴだ。

 

ウェルズファーゴの調査によると、米国民の79%が自動リカーリング決済を使用しているが、過去1年間に、1回もそのサービスを使っていない人が米国民の31%もいることがわかった。

 

これらの人たちは平均3件の会員制度やサブスクリプションへ支払っている。

 

WeChat Payは、それを制御するためのアプリを開発した。名づけて「コントロールタワー:Control Tower」。ウェルズファーゴのデビットやクレジットカード、あるいは口座に連動したトランザクションを一元管理してくれる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop