クロスボーダーもQR決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年10月19日9:00

シンガポール携帯キャリアのシングテル(SingTel)は、クロスボーダーのモバイル決済をスタートした。QRコードをベースにしたものである。

 

日本でもいま、モバイルQR決済が注目されているが、あくまでも国内での利用を想定したものである。シンガポールのサービスはクロスボーダーへと展開エリアを広げている。

 

今回のモバイルQR決済はシンガポールとタイとの間での決済が対象。シンガポールのAISとタイのVIAと提携して実現した。両国からの旅行者は、旅先でモバイルQR決済ができる。

 

タイで利用できるのは、VIAのマークを掲げたマーチャント。カシコーン銀行が開拓した160万店で利用できる。

 

シングテルは、これをインドのAirtelや、フィリピンのGlobe、インドネシアのTelkomselに拡大する計画だ。モバイルネットワークで、クロスボーダーのモバイル決済が拡大する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop