トークンリクエスター向けのVisaトークンサービス拡張(Visa)

2018年10月19日16:37

Visa Inc.は、2018年10月17日、クレデンシャル・オン・ファイル(COF)トークンリクエスター向けの Visa トークンサービスの拡張を発表し、さまざまなアクワイアラ決済ゲートウェイやテクノロジーパートナーによる、自社の加盟店や顧客のための COF デジタル決済のトークン化が近日中に可能となる予定だと発表した。

具体的には、Adyen、AsiaPay、Braintree、Checkout.com、Cherri Tech、CyberSource、Elavon、Ezidebit、eWAY、FitPay、Giesecke& Devrient、PayPal、Payscout、Rambus、SafeCharge、SecureCo、Square、Stripe、Worldpay、YellowPepper が可能となる予定。

EMVCo ペイメントトークン規格に基づいて構築された Visa トークンサービスは、個人の口座番号や有効期限といったカード保有者の機密情報を一意のデジタル識別子(トークン)に置き換えることにより、カード保有者の重要な情報を提示することなく決済が可能となる。また、セキュリティの強化に加え、期限切れやリスクにさらされたクレデンシャル情報は金融機関によりバックグラウンドでシームレスに更新されるため、消費者や加盟店による余計な手間がなくなるそうだ。Visa カードの番号は加盟店やゲートウェイ・アクワイアラ・パートナーにとって一意のトークンに置き換えられるため、加盟店側にとっても、エコシステム内の別の場所で発生したデータ漏えいから保護され、セキュリティ強化につながるとした。

Visaでは、2014 年のVisaトークンサービスの提供開始以来、約40の市場にまたがるモバイルやウェアラブル端末メーカー、イシュアウォレット、オンライン加盟店、決済サービスプロバイダー、アクワイアラといった、世界中から60を超えるトークンリクエスターをトークンプラットフォームに追加してきた。さらに20の加盟店、アクワイアラゲートウェイ、トークンリクエスターを追加することにより、より世界的な規模へと発展し、従来のeコマース取引とクレデンシャル・オン・ファイル取引の双方において、Visa が目指すオンラインやモバイル決済におけるセキュリティや利便性の確立をサポートするそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop