H&MがFinTechへ出資(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年10月23日9:00

世界第2位のファッション小売H&Mが、フィンテックへ投資することになった。アパレルもデジタルトランスフォーメーションが喫緊の課題になっている。

 

H&Mが出資するのはスウェーデンの決済FinTechクラーナ(Klarna)。1,560万ポンド(23億円強)でクラーナ株式の1%弱を買った。

 

クラーナはオンライン決済に強く、自社でリスクを取る後払いが特徴。スムースな後払いで、導入マーチャントのコンバージョン率がアップしている。

 

出資提携により、クラーナはH&Mの返品とデリバリーを簡素化する役割を担う。H&Mの返品とデリバリー、決済は顧客のフラストレーションの元となっていた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop