「カードマーケティングフォーラム2018」開催報告

2018年10月30日8:30

株式会社TIプランニングは、2018年10月17日に「カードマーケティングフォーラム2018」を開催した。

日本では、クレジットカードやプリペイドカード、ポイントサービスなど、さまざまな会員サービスが展開されている。たとえば、ポイントカードでは、会員ランクに応じたサービスを行うことで、有料顧客育成に役立てている。また、クレジットカード会社などでは量から質への転換を図るため、カード会員1人1人の稼働率を高めるための施策を強化している。最近では、会員カードや決済カードをモバイルに格納することで、顧客との接点を強化し、CRMに役立てるサービスも増えてきた。そこで、2017年に続き「カードマーケティングフォーラム2018」を開催することとなった。

基調講演では、共通ポイント「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティングが講演。また、最終ゲスト講演では、ポイントビジネスの動向について、ポイ探 代表取締役 菊地 崇仁氏が説明した。

NIPPON Tabletは、日本のキャッシュレス 化をスピードアップするためのプラットフォーム事業について、また今後の戦略と展望について紹介した。古くからポイントサービスの導入やコンサルティングを手がけてきたトリニティは、ポイントビジネス成功のポイントについて説明した。モバイル決済システムの開発を手掛けるShowcase Gig(ショーケース・ギグ)は、米国や中国で浸透するセルフオーダーや事前決済の動向について、事例を交え紹介した。

10月17日講演プログラム

時間

講演プログラム

講演者

講演内容

10時00分

開会挨拶

10時5分~10時45分

基調講演
株式会社ロイヤリティ マーケティング
共通ポイント「Ponta」のマーケティング支援

株式会社ロイヤリティ マーケティング 上級執行役員 営業統括グループ長 野田和也氏

ロイヤリティマーケティングが運営する共通ポイント「Ponta」は、2010年3月にサービスを開始、8,800万人以上の会員数を有し、日常消費から生活インフラ、オンライン購買を含めて、全国の約20万店舗でご利用いただけるポイントサービスです。
Pontaカードのご利用情報から導きだされるデータを基に、現状分析〜戦略策定〜プロモーション企画・実施〜効果検証までを一貫して行い、企業様のマーケティング活動を支援しています。今回はPontaのマーケティングの取り組みについて、ご紹介します。

10時55分~11時40分

NIPPON Tablet株式会社
日本をキャッシュレス化するプラットフォームについて

NIPPON Tablet株式会社 取締役CMO 高本誠也氏

政府が2025年までに40%と目標を定めてるキャッシュレス 化。しかしながら現金主義と言われる日本においてキャッシュレス 化を実現させるのは容易ではありません。
この講演では、弊社が取り組む日本のキャッシュレス 化をスピードアップするためのプラットフォーム事業について、また今後の戦略と展望をお話しいたします。

13時00分~13時45分

株式会社トリニティ
ポイントサービス導入で迷っていませんか?
ポイントサービスを使いこなしていますか?

株式会社トリニティ 営業統括部 東京第三営業グループ長 小泉泰祥氏

ポイントサービスを導入すれば売上・利益が上がると思っていませんか? 導入する際の現状課題の洗い出し・導入目的の整理や、ポイント導入後の活用について、どのように考えるべきか。どのようなシステムで販促をすべきかについて、ポイントを主体とする多彩なコンテンツ提供からコンサル・ソリューションまで業種業態を問わず幅広く手掛けてきた弊社が導入事例などを交えながらご紹介させて頂きます。

13時55
~14時40分

株式会社Showcase Gig
世界における店舗デジタルイノベーション最前線

株式会社Showcase Gig 代表取締役 新田剛史氏
プロフィール:上智大学卒業後、東京ガールズコレクション・プロデューサーとして数々のプロジェクトを手掛ける。 2009年、株式会社ミクシィ入社。ソーシャルビジネスの責任者として、SNSを活用した新たなマーケティングの企画を実施。 コンビニエンスストアと連携した数々のO2Oキャンペーンにおいて、オンラインから店頭への集客を成功させた。 2012年、企業のオムニチャネル化を支援する株式会社Showcase Gig設立。

米国や中国でセルフオーダーや事前決済が浸透しはじめている。そのメリットと日本での今後の展開を予測する。

14時50分~15時30分

最終ゲスト講演
ポイントビジネスの最新トレンド

ポイ探 代表取締役 菊地 崇仁氏

国内では汎用的に使用できるポイントサービスが群雄割拠の状態です。そこで、ポイント業界のプレイヤーの動向、今後のポイントサービスの注目点について紹介します。

page toppagetop