「FUKUOKA Christmas Market 2018」に協賛、「楽天ペイ(アプリ決済)」を提供(楽天)

2018年11月9日13:55

楽天は、福岡県福岡市で2018年11月13日~12月25日の期間に開催される、来場者数500万人のクリスマスマーケット「FUKUOKA Christmas Market 2018」に協賛し、同イベントで、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を提供する。これにより、 来場者は、スマートフォン1つでChristmas Marketでの買い物が可能だ。

 「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードを登録することで、スマホアプリで支払いができるサービスだ。 銀行口座の登録や事前のチャージは不要で、楽天IDの利用者であれば、登録されているクレジットカードを連携でき、利用可能となる。

利用者は、 Christmas Marketの導入店舗が店頭で提示しているプリント型のQRコードを、 スマホアプリで読み取り、利用金額を入力して、スライドすると支払いを完了できる。また、楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできる。さらに、支払い元となるクレジットカードが「楽天カード」であれば、 「楽天ペイ(アプリ決済)」(200円につき1ポイント)と「楽天カード」(100円につき1ポイント)のそれぞれのポイントを貯めることができる。

なお、楽天は、日程限定で、「楽天ペイ」の紹介ブースをChristmas Market 博多駅前広場会場内に設置し、 QRコード決済の利便性をアピールすると同時に、会場内の飲食店やグッズ店など計40以上の店舗で、「楽天ペイ」アプリでのお支払いをできるようにし、キャッシュレス化を推進するそうだ。

page toppagetop