Mastercardコンタクトレス機能付き「Jリーグプリペイドカード」発行(三井住友カード/Mastercard)

2018年11月15日23:19

三井住友カードとMastercardは、2018年11月24日にパナソニックスタジアム吹田で開催される「明治安田生命J1リーグ ガンバ大阪vs V・ファーレン長崎戦」において、ホーム側の紙チケットでの来場者に対し、「Jリーグプリペイドカード」および「リストバンド」型のプリペイドカードを、大日本印刷と協働して配布すると発表した。

「Jリーグプリペイドカード」(三井住友カード/Mastercard)

「Jリーグプリペイドカード」はMastercard加盟店およびiD加盟店で利用できる。「リストバンド」はMastercardコンタクトレスの加盟店でタップすると利用可能だ。当日、来場者はオフィシャルグッズの購入、飲食の支払い、近隣施設での買い物に「リストバンド」「Jリーグプリペイドカード」いずれかを利用し、スピーディーなキャッシュレス決済を体験できるという。これにより、スタジアム内外でのさまざまな支払い場面におけるキャッシュレス化を実現し、来場者の利便性を高め、スタジアム体験の価値向上を目指す。

「リストバンド」型 プリペイドカード(三井住友カード/Mastercard)

さらに、今回発行する「リストバンド」「Jリーグプリペイドカード」には、共にプリペイドカード機能に加えて、入退場システムのワンタッチパス機能も付いており、チケット購入、 スタジアムゲート内への入場、座席シートの確認にも利用できる。

現在、 パナソニックスタジアム吹田の場内は、グッズ販売や飲食店舗は、キャッシュレス対応しているものの、利用率は、10~20%程度(取り扱い件数ベース)に留まっている。今後、スタジアム来場者に「Mastercard コンタクトレス」を用いたキャッシュレス決済を促進することで、グッズや飲食店舗のレジ効率、混雑緩和を検証するほか、モバイル型マルチリーダ認証端末を用いたスタジアム運営の負担軽減に努めていきたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop