英国3分の2の銀行支店閉鎖(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年12月2日9:00

今から30年前の1988年、英国には20,583の銀行支店があった。それが現在では7,586支店に減少している。

 

つまり、この30年間に約3分の2が閉鎖したことになる。英国世帯のうち約20%は、最も近い支店が3キロ以上離れているという状況になってしまった。

 

支店閉鎖に伴い、多くの銀行は郵便局と提携し、業務を移行している。しかし住民の45%は、郵便局が銀行の代替として使えるという認識がない、という調査結果が出た。

 

さらに、47%は将来的にも郵便局は使わないと回答。その理由は、スタッフの金融専門性がない(28%)、長い列に並ばなければならない(42%)、家族のプライバシーが守れない(32%)、銀行と直接取引したい(59%)だった。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop