東南アジアで進む電子決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年12月8日9:00

グーグルの調査によると、東南アジアで電子決済が急拡大している。2018年末までにインターネット経済圏は720億ドルになると予測した。

 

シンガポールでは電子決済利用者が52%、インドネシアは46%、マレーシアが45%、タイが39%に達していることがわかった。

 

東南アジアでは多くの企業が電子決済ソリューションを構築中。特にライドシェア企業の電子決済が普及を牽引している。

 

GrabPayやGo-Payは最もよく利用されている電子決済。AlipayやWeChat Payの対抗軸である。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop