バーコードをかざすと実店舗でポイントが手にできる「SHOPPING GO」開始

2018年12月7日17:05

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、実店舗での商品購入時にLINE内に表示される専用のバーコードを読み取ることで「LINEポイント」が付与される新サービス「SHOPPING GO」の提供を開始すると発表した。12月7日よりファッションブランド「earth music&ecology」国内286店舗で導入開始、年内には家電量販店「ビックカメラ」、「コジマ」、「ソフマップ」での導入も予定している。

「SHOPPING GO」のイメージ(LINE)

LINEでは、 LINEか買い物ができるショッピングサービスとして、 2017年6月より「LINEショッピング」の提供を開始、商品購入額に応じて「LINEポイント」が付与され、貯まったポイントは1ポイントを1円として「LINE Pay」で使えたり、各社のポイント・商品と交換することが可能だ。ファッションや家具、コスメなど2億点以上の商品を検索・閲覧することができ、会員数は、2,200万人(2018年10月時点)を突破、 MAUも1,000万を突破するなど、 20代~30代の女性を中心に利用されている。

また、 昨年の12月には、大手EC企業の実店舗で、LINEショッピングの公式アカウントを通じバーコードを送付、それを店舗でかざすと、商品購入額に応じて「LINEポイント」が付与されるというキャンペーンを行ったところ、店舗全体の購買者の約3割がキャンペーン経由で商品を購入する結果となり、LINEポイントが店舗誘導に有効であること、さらに購買きっかけにつながることがわかったという。

「SHOPPING GO」は、実店舗での商品購入時にLINE内に表示される専用のバーコードを読み取ることで「LINEポイント」が付与されるサービスだ。現在地に応じて、「LINEポイント」がもらえるお店(実店舗)を検索することができる。バーコードは、LINEウォレット内にある「マイカード」と連動しているほか、「LINEショッピング」のオンラインショップページでも表示されるので、ユーザーは、新しくアプリをダウンロードしたり、ポイントカードを持ち歩く必要がない。

また、今後は、導入店舗の近隣に立ち寄ると、LINE上にポップアップで通知を送ることができる機能なども予定している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop