英国信組相次ぐ閉鎖(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年1月13日9:00

高利貸しのペイデイローンに代わる安全な借入先として、英国では信用組合が利用されている。ペイデイローンの金利は2,000%を超えるところもあるが、信組は月利3%というキャップがつけられている。

 

その信組が2018年には8件も閉鎖された。信組に依存していた顧客は融資を受けられなく恐れがある。その数14,000人。

 

原因は、信組はプロ意識が欠如しており、デジタルサービスが提供できないことだと、批評家はいう。

 

プロ意識の欠如とは、信組のスタッフや役員が不正に関与したこと。これによって、いくつかの信組が閉鎖された。

 

デジタルサービスが提供できないことで、コスト削減ができず、損失が拡大し、閉鎖を余儀なくされたところもある。

 

コンプライアンスとデジタルトランスフォーメーションは、金融サービス提供者共通の課題である。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop