GSが利益なしの預金金利提示(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年1月18日9:00

ゴールドマンサックスが消費者向けサービスMarcusの預金金利をアップした。2019年1月4日から2.25%としたのである。これまでは2.05%だった。1年定期の金利は2.75%とした。

 

2018年末のFRB政策金利は2.25%から2.50%。つまりゴールドマンサックスは利益度外視の預金金利を提示したのである。1年ものにいたっては、マイナスを覚悟で金利設定している。

 

目的は預金残高を増やし、ローン(融資)に振り向けるため。FRBが金利を継続的に上げてきた結果、オンラインバンキングの金利競争が厳しくなっていた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop