スマホ決済サービス「メルペイ」が三井住友カードと連携して「iD」に対応(メルペイ)

2019年2月13日21:00

メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」において、2019年2月13日よりスマホ決済サービス「メルペイ」をiOS先行で提供開始すると発表した。また、第一弾として 、三井住友カードとの事業連携を通じ、非接触決済サービス「iD」に対応する。

決済イメージ(メルペイ)

メルペイは、2017年11月に金融関連の新規事業を行うことを目的に、メルカリの100%子会社として設立された。メルペイでは、フリマアプリ「メルカリ」で培った技術力と顧客・情報基盤をもとに、スマホ決済サービス「メルペイ」を提供し、将来的には決済手段の提供に留まらず、新たな信用を生みだし、さまざまな金融サービスを提供していくことを目指している。

「メルペイ」では、三井住友カードとの事業連携を通じ、NTTドコモが推進する非接触決済サービス「iD」にiOS先行にて対応。「メルカリ」をiOSアプリで利用する人は、「メルカリ」上での取引を通じて保有している売上金を「メルカリ」内での商品購入に加え、コンビニエンスストアやレストラン、ドラッグストア、ファーストフード店をはじめ、全国約90万か所の「iD」加盟店で利用することが可能となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop