駐車料金決済アプリ「SmooPA」が決済方法、利用証明書発行機能追加(IMJ)

2019年2月27日7 :30

アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、2019年2月26日、スマートフォンから駐車料金の支払いができるアプリ「SmooPA(スムーパ)」において、決済方法と利用証明書発行機能を追加したと発表した。

3種類の決済方法から選択可能(IMJ)

このほど、「Apple Pay」と「クレジットカード登録」での駐車料金決済に対応し、従来の「Yahoo!ウォレット」での支払いと合わせて、3種類の決済方法から駐車料金の決済が可能となった。さらに、需要の多かった法人利用時の経費精算に使用できる決済利用証明書発行機能を追加した。

また、コインパーキングは営業車などの法人車両の利用も多いため、経費精算に利用できる“利用証明書”を発行する機能を追加した。利用証明書は決済完了時に加え、「SmooPA」のマイページからいつでも発行ができる、万が一の紛失時も再発行することが可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop