鹿児島県大島郡与論町の約100店舗が「PayPay」導入(ヨロン島観光協会/PayPay)

2019年3月8日19:20

ヨロン島観光協会とPayPayは、与論島(鹿児島県大島郡与論町)のキャッシュレス化を推進する「与論島キャッシュレスアイランドプロジェクト」を共同で開始すると発表した。

同プロジェクトは、ヨロン島観光協会が中心となり、島内のキャッシュレス化を強く推進する。具体的には、約100店舗にスマホ決済サービス「PayPay」を導入することで、島民や観光客の利便性向上や購買の活性化、加盟店における経理事務の省力化を実現し、本格的なキャッシュレスアイランドを目指すという。そのほか、キャッシュレス決済によるお得なイベントやキャンペーンなどを実施していく。

3月10日に開催される「第28回ヨロンマラソン2019」では、参加者に「PayPay」オリジナルグッズを配布するほか、ゴール地点の物販ブースすべてに「PayPay」を導入し、同プロジェクトのPRを行う。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop