電子スタンプをガンバ大阪ホームゲームで展開(パナソニック)

2019年3月15日13:30

パナソニックとパナソニック システムソリューションズ ジャパンは、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(J リーグ)に加盟するガンバ大阪の協力を得て、電子スタンプサービス「ガンバ大阪スタンプカード」をスポーツ施設として初めて同クラブのホームスタジアム「Panasonic Stadium Suita(パナソニック スタジアム 吹田)」に導入すると発表した。「ガンバ大阪スタンプカード」は、CCC マーケティング(CCCMK)が提供するポイントカードまとめアプリ「スマホサイフ」内にて新たに追加される電子スタンプサービスとなる。

 

同サービスは、CCCMKと2018年11月に共同開発した「光スタンプ」を用いて、利用者のスマートフォン上に電子的にスタンプを集めることで、特典を得ることができるもの。「光スタンプ」は、パナソニックの光 ID 技術「LinkRay」を使ったもので、「LinkRay」対応の LED 光源に「スマホサイフ」アプリから起動するカメラをかざすことによりスタンプ情報を受信することが可能だ。

EXPOCITY、スタジアム場外に設置される「LinkRay」対応卓上発信機イメージ(パナソニック)

同サービスは、スタジアム内のコンコースに設置する「LinkRay」対応デジタルサイネージと、スタジアム場外施設および隣接する大型複合施設「EXPOCITY」に設置する「LinkRay」対応卓上発信機で「光スタンプ」を獲得することができる。試合日に「光スタンプ」を3つ集めると特典を得るための抽選に参加できる。同サービスによって、来場者のリピート観戦の促進や、パナソニックスタジアム吹田とEXPOCITYの連携によるスタジアム一帯における回遊性の向上と相互送客を目指す。2019年3月30日明治安田生命 J1 リーグのガンバ大阪 対 ヴィッセル神戸戦より開始し、2019 シーズン期間中、実施予定だ。

「LinkRay」を使った「光スタンプ」受信(パナソニック)

また、パナソニックスタジアム 吹田で広告ソリューションとして推進する、248 面の「LinkRay」対応のデジタルサイネージを活用した、広告収益モデルの取り組みとも連携を目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop