QR決済専用のKIOSK端末販売、ネットスターズと連携(大江電機)

2019年3月15日13:40

大江電機と、POSシステム企業I’mU Inc.は、QRマルチ決済プラットフォーム「StarPay」を提供するネットスターズと業務提携し、大江電機の「店舗管理ソリューション」と「StarPay」を連携させ、QRコード決済展開を加速させていくことを2019年3月1日発表した。

10インチモデル(セルフレジ)

15インチタイプ(カフェ向け)

 

大江電機とI’mUは2016年に国内における総販売代理店契約を結んでおり、すでに国内の美容室や飲食店に対し1,000台以上のPOSシステムや無人決済機をはじめとした総合店舗管理ソリューションを提供している。また、今回の業務提携を受けてQRコード決済専用KIOSK端末の発売を開始した。

ネットスターズが提供する「StarPay」は、同社システムと連携することにより、「WeChat Pay」や「Alipay」など訪日外国人向け決済サービスに加え、「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「楽天ペイ」などの国内決済サービスにも対応が可能だ。

大江電機のKIOSK端末とStarPayが連携することにより、他のキャッシュレス決済手段に加え、QRコードセルフ決済の対応が実現するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop