米国クレカ残高が過去最高(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年3月25日9:00

2018年12月、米国でクレジットカードの負債残高が8,700億ドル(約96兆円)になった。FRBのレポートによる。

 

リーマンショック前の2008年につけた負債総額の過去最高と肩を並べた。金融クライシスが迫っている、とみる人もいる。

 

しかし、この10年間でクレジットカード発行枚数は1億枚増え、約4.8億枚が利用されている。つまり、1枚あたりの負債は減少しているのだ。

 

2018年第3四半期より260億ドルの伸び。これは住宅ローンやオートローン、学生ローンの伸びより大きい。これらの総負債額は13.5兆ドルだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop