中国で顔認証決済乗車(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年3月30日9:00

中国の決済は想像以上に進化しつづけているようだ。深圳の地下鉄福田駅では、5Gをベースにした実証実験を実施している。

 

そこでは、改札の顔認証決済もテストしている。改札で乗車券やQRコードは不要。改札に設置されたタブレット型スクリーンに顔を向けるだけで、通過できる。

 

もちろん、決済は顔に紐づけた口座から引き落とされる。中国も日本と同様に乗車ラッシュがある。地下鉄の1日の乗車数は500万人だ。

 

5Gの高速大容量のネットワークが、スピーディなリアルタイム処理をおこなう。今の情報通信インフラではなく、5Gになれば、非接触決済顔負けのスピードを確保できるのだ。

 

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop