Amazon Payが勢力拡大に使った策(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年4月1日9:00

アマゾンはこれまで独自でAmazon Payを推進してきた。Amazon Payは、他社サイトがアマゾン1-Clidk機能を使えるサービスである。

 

つまりAmazon Payはアマゾン経済圏拡大の先兵なのだ。その領域を拡大するため、アマゾンは決済サービス提供会社と提携した。

 

それがワールドペイ(Worldpay)である。現在世界146カ国に300種類以上の決済を提供している。

 

強みはオンラインとリアル店舗の両方に対応していること。ワールドペイのマーチャントは、Amazon Payを導入することによって、顧客にスピーディなチェックアウトを提供できる。

 

当面は米国のみの展開。今後は世界にも拡大するだろう。ワールドペイは先日FISとのM&Aを発表。グローバル展開が期待されている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop