Apple Cardとプライバシー(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年4月2日9:00

アップルは3月25日の新サービス発表会で、4つのサービスを発表した。動画配信のApple TV+、ニュースを集めたApple News、ゲーム配信サービスApple Arcade、そしてクレジットカードApple Cardである。

Apple Cardの発行はゴールドマンサックスで、Mastercardブランドがつく。米国ではこの夏に発行される予定。Apple Payの利用促進が目的だ。

 

申し込みはApple Walletから。個人に発行されるのではなく、iPhoneに発行されるというユニークなもの。

 

だからiPhone保有者でなければ、クレジットカードは発行されない。つまりクレジットカードがほしければiPhoneを買いなさい、という導線を敷いている。

 

Apple Payの利用促進が目的なので、カードはバーチャルが基本。申し込んで審査が通れば、即座にバーチャルカードがApple Walletに格納され、Apple Payが利用できるようになる。

 

その際、カード番号が付与されるのではなく、固有のディバイス番号が生成され、セキュアエレメントに保管される。

 

Apple Pay利用時には、顔か指紋認証が要求される。その際にワンタイムの動的セキュリティコードが生成され、ディバイス番号と共に通信される仕組みだ。

アップルはGAFAで唯一プライバシーを全面に押し出している。Apple Cardもプライバシーがテーマだ。

 

カード利用データをアップルはクラウドに保持せず、活用もしないとコメントしている。取引履歴や利用サマリーはウォレットアプリ内に保持される。個人のiPhoneアプリ内に蓄積するため、アップルは使えない。

 

ゴールドマンサックスはカード運営上、情報を保持するが、第三者にシェアせず、販売もしない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop