アップルがプライバシー広告で訴求したこと(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年4月3日9:00

GAFAへの圧力が世界中で強まっている。個人の膨大なデータを収集しているからだ。

 

データを勝手に使って、誘導されるのではないか。データを第三者に渡し、プライバシーがなくなるのではないか。という懸念が広がっている。

 

これに対し、アップルはプライバシーをテーマにした広告キャンペーンをスタートした。GAFAの中でもアップルはちがう。アップルは個人のプライバシー保護を最重点に考えているという姿勢を示すためである。

 

広告のメッセージは「プライバシー。それはiPhone」。

 

「暮らしに欠かせない電話にとってプライバシーは重要ですよね」という前振りの後に、このメッセージを流している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop