「大光Visaデビットカード」の取扱開始(大光銀行/三菱UFJニコス)

2019年4月10日18:30

大光銀行は、三菱UFJニコスと提携し、Visaブランドのデビットカード「大光Visaデビットカード」の取り扱いを開始すると発表した。

カードデザインは2種類から選択できる(大光銀行)

「大光Visaデビットカード」は、年会費初年度無料、2年目以降1,000円(税別)となるが、①年間のショッピング利用累計額が10万円以上、②年会費請求月の前月末時点で23歳以下の人といういずれかの条件を満たせば、2年目も年会費が無料となる。また、15歳以上(中学生を除く)であれば発行可能だ。

日本国内に加え、全世界のVisa加盟店やネットショッピングで利用でき、代金が預金口座から即時に引き落としされる。

なお、Visaブランドのデビットカードの取り扱いは、新潟県内の金融機関で同行が初となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop