銀聯モバイルアプリ1.5億人(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年4月18日9:00

中国銀聯(China Union Pay)はモバイル決済アプリの登録者数を発表した。モバイルアプリ導入後18カ月間で1.5億人になったという。

 

銀聯モバイルアプリはQRコード型。決済のほか、デビットカード残高照会や運用商品なども買える。

 

中国の銀行21行が発行する80種類のクレジットカードの申込みをサポート。カード保有者はモバイルQRコードを使って決済できる。

 

今後は交通機関やコンビニ、医療関係でも使えるようにする計画。現在は上海、広州、重慶など18都市の利用者は、モバイルQRコードでバスに乗れる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop