欧州でATMアタック急増(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年4月25日9:00

欧州でATMを狙った犯罪が、この4年間連続で増えている。European Payment Terminal Reportによると、2018年は前年対比27%も物理的なアタックが増えたと報告している。

 

件数は2017年が3,484件。それが2018年には4,549に増加した。ATM爆破は前年対比3%減少したが、件数では1,052件と依然として多い。

 

現金被害額は360億ユーロ、日本円にすると4.5兆円。前年より16%も増加している。ATM爆破による損失は、1件あたり17,103ユーロ(200万円強)だ。

 

キャッシュレスが進めばATMアタックは減る。キャッシュレス先進国スウェーデンではATM強盗の件数がほぼゼロに近づいている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop