下鴨神社で「カード・電子マネ ー」による決済サービス開始(三井住友カード)

2019年4月25日20:07

下鴨神社と三井住友カードは、下鴨神社において「カード・電子マネ ー」による決済サービスを2019年5月1日より開始すると発表した。

世界遺産に登録されている下鴨神社では、観光地として国内のみならず海外からの人気も高く、年間300万人が参拝している。これまで境内では現金決済のみの取り扱いをしていたが、今回、ペイメントブランド「Visa」「Mastercard」「銀聯」をはじめとする複数の決済サービスを導入する。これにより境内でのお守りや記念品の授与等、さまざまな場面でキャッシュレス決済を利用可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop