非接触決済への道を進む米国(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年5月16日9:00

非接触決済カードはNFCモバイル決済を牽引するだろうか。ボストンFEDがレポートを発表した。

 

米国で非接触決済がはじまったのは2003年。その時は磁気ストライプデータを使った非接触決済のテストだった。

 

2014年にはEMVチップカード仕様に基づいた非接触決済としてApple Payがスタート。そして2018年、ICチップとNFC非接触の両方がついたデュアルインタフェイスのカードが登場した。

 

2019年時点で、米国小売売上トップ200社の99%がIC決済。小売売上トップ100社の78%が非接触決済を受け付けている。ニューヨークの地下鉄MTAは非接触決済を受け付ける予定。アクセプタンスは確実に増えている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop