カナダで非接触決済浸透(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年5月17日9:00

カナダで非接触決済がスタートしたのは2005年。米国と同時期だった。しかし、カード発行会社とアクセプタンスが限定されていたため、ほとんど利用されなかった。

 

しかし2008年、カナダはEMV仕様に則った非接触決済を導入。2011年にはライアビリティシフトによって、ICカードが必須となった。その際、イシュアはデュアルインタフェイスカードへシフト。マーチャントも両方を受け付けるPOSを導入した。

 

そのスピードを体感した消費者は、非接触決済カードを頻繁に利用するようになった。

 

現在カナダのクレジットとデビットカードのほぼすべてが非接触とICのデュアルインタフェイス。マーチャントもほぼすべてが非接触決済を受け付けている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop