スマホ決済「d払い」が「ウォレット」「ミニアプリ」「MPM方式」に対応

2019年5月17日8:00

NTTドコモは、2019年5月16日に、「2019夏 新サービス・新商品発表会」を開催したが、スマホ決済サービス「d払い」に3つの機能を追加すると発表した。

新製品・サービスを発表するNTTドコモ 代表取締役社長 吉澤 和弘氏

今年度1,000万ダウンロードを目指す
2021年度末には200万箇所まで拡大を視野に

NTTドコモでは、2018年4月25日より、スマートフォンに表示させたバーコードなどを使って、店舗での買い物代金を毎月の携帯電話料金と合算して支払いでき、さらに「dポイント」が貯まる・使える「d払い」を提供している。アプリのダウンロード数は、2019年5月に500万を突破。今年度には、1,000万ダウンロードを目指している。また、2019年4月の決済・ポイント利用箇所数は100万箇所だが、2021年度末には200万箇所まで増やしていきたいとした。

また、貯まったdポイントで買い物をした利用総額は年1,600億ポイント、1,000ポイント以上の利用者は1700万人、1万ポイント以上は500万人となり、53%の人がd払いでdポイントを利用して決済している。

今回、NTTドコモでは、チャージや送金、dポイントを送付可能な「ウォレット」機能、d払い加盟店が提供するサービスが利用できる「d払い ミニアプリ」機能、利用者が加盟店の掲示するQRコードを読み取ることで支払いを行う「読み取る」決済機能(MPM方式)の3つの機能を追加すると発表した。

「ドコモ口座」の機能をd払いアプリ上で実現
ミニアプリで事前注文・決済が可能に

ウォレット機能は、2019年9月に提供予定だ。ドコモのウォレットサービス「ドコモ口座」のチャージや送金といった機能を、d払いアプリ上で利用可能だ。また、他社回線の利用者でも同様に利用可能だ。

ミニアプリでは、加盟店が自社アプリで提供する事前注文、事前決済などのさまざまなサービスをd払いアプリ上で利用できるようにする。例えば、ファーストフード店のアプリでは、利用者が店舗を選び、事前に注文・決済が可能だ。店舗では、商品の準備が整ったのちd払いアプリに通知、その後店頭で受け取りを行う。また、タクシーの配車サービスのアプリでは、位置情報などを利用してタクシーを指定した場所まで呼び出し、乗車後は決済もシームレスに行われるという。同サービスは、ローソン、マツモトキヨシ、エディオン、JapanTaxi、マクドナルドで2019年秋以降、順次提供開始予定だ。

6月末から提供する「読み取る」決済機能では、利用者が加盟店の掲示するQRコードを読み取ることで決済が可能になる。これまでは、「見せる決済」のみを提供してきたが、店舗の選択肢が増えることとなる。同サービスは、加盟店にとってPOS端末などの機器が不要で導入が可能なため、小規模加盟店にも訴求できる。また、デジタルガレージが提供するマルチQRコード決済ソリューション「クラウドペイ」に対応しているため、複数のペイメントサービスを1つのQRコードで提供可能だ。NTTドコモでは、全国のドコモ販売代理店の営業リソースを活用し、さらなる加盟店拡大を目指すという。

クラウドペイもJPQRのガイドラインに将来的に対応?
「お支払い確認」画面で不正を未然に防ぐ

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

page toppagetop