中・小規模店舗等が利用できるマルチQRコード決済サービス開始(NTT西日本)

2019年5月20日19:40

NTT西日本は、店舗向けキャッシュレス決済サービス「フレッツ・スマートペイ」において、QRコード決済に特化したサービス「QRコード決済プラン」を2019年5月20日より先行受付を開始すると発表した。NTT西日本は中・小規模店舗等が利用できるマルチQRコード決済サービスを提供する。 

「QRコード決済プラン」(NTT西日本)

同サービスは、1つのアプリで複数ブランドのQRコード決済を可能にした店舗向けのマルチQRコード決済サービスとなる。対応ブランドであれば、どのブランドのQRコードでも同じアプリの同じ操作で決済を行うことができる。インバウンド向けの「WeChatPay」、 「Alipay」をはじめ、 「LINE Pay」、「PayPay」、「d払い」といった国内主要QRコード決済サービスにも対応する。

提供料金は、「フレッツ 光ネクスト」を利用している場合、手持ちのスマートフォンやタブレットで専用アプリを利用するため、同サービスの初期費用は無料だ。月々の決済手数料ご入金月の入金手数料のみで利用できるとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop