レストラン特化型スマホ決済サービスで「オートペイ」と「クラウドレシート」開始(TableCheck)

2019年5月23日18:10

TableCheck(テーブルチェック)は、レストラン特化型スマホ決済サービス「TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)」において、会計時のスマホ操作を不要にする「オートペイ」機能を2019年5月22日にスタートし、会計後に来店客がWeb上で領収証を発行できる「クラウドレシート」機能を5月30日から提供開始すると発表した。

「TableCheck Pay」は、レストラン特化型のスマホ決済サービスとなる。クラウド型レストランマネジメントシステム「TableSolution(テーブルソリューション)」を導入する飲食店であれば、初期費用や月額費用0円で利用可能だ。

「オートペイ」機能と「クラウドレシート」機能 (TableCheck)

来店客は、 飲食店予約サービス「TableCheck(テーブルチェック)」で予約時にクレジットカード情報の登録を行うと、「QRコード決済」や「メール決済」といったスマホ決済に加え、 「オートペイ」利用によるスマホ操作不要のキャッシュレス決済が可能になる。

「オートペイ」機能は、来店客が予約と同時にクレジットカード情報を登録し「TableCheck Payオートペイ」を有効にすることで、当日の飲食代金を自動でカード決済することができる。店舗内での会計行為そのものをなくし食事が終わり次第、すぐに退店することが可能だ。
飲食店側は、 「TableSolution」に会計金額を入力するだけでカード決済を行うことができ、 会計を完了させることができる。クレジットカード決済が実行されると、来店客には決済金額の通知がSMSまたはEメールで送信されるという。

なお「オートペイ」は、 自動精算の上限金額を設定することが可能だ。あらかじめ設定した金額を超える会計となった場合には、来店客が自らのスマホで決済承認を行う「メール決済」または「QRコード決済」で会計を行うことがでる。

また、「クラウドレシート」機能 は、来店客が「TableCheck Pay」で行った会計の領収証をWeb上でいつでも取得できる機能となる。従来、領収書は退店前に店舗内で受け取る必要があったが、同機能の実装により、店舗内での待ち時間を気にすることなく、領収書を受け取ることができるようになった。

page toppagetop