「MyJCB」が「クラウド会計ソフトfreee」とのAPI連携開始(JCB/freee)

2019年5月29日20:00

ジェーシービー(JCB)とfreeeは、地域でのビジネスキャッシュレス推進に向け業務提携すると発表した。JCB会員向けに提供するWEBサービス「MyJCB」と、freeeが提供する「クラウド会計ソフトfreee」とのAPI連携を2019年5月31日から開始する。また、全国にあるJCB支社および関連する一部の地域金融機関において、法人の利用者に対し、JCB法人カードと「会計freee」を合わせて提案し、キャッシュレスの利便性を訴求することで、地域の中小企業におけるIT経営を促進させるという。

API連携による安定的なデータ連携が可能(JCB/freee)

今回のAPI連携により、JCBカードを利用するMyJCB対象会員、かつ「会計freee」を利用する人は、JCB法人カードなどのカード明細情報を「会計freee」に取り込み、各種会計処理の自動実行が可能だ。

JCBでは、全国のJCB支社および関連する一部の地域金融機関において、法人の利用者に対し、JCB法人カードと「会計freee」を併用する際のメリットを訴求し、サービス利用を提案する。また、「会計freee」の法人向け年額プランを利用開始する人に向け、初年度の料金が割引になるキャンペーンを期間限定で実施する。

 

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop