スタートアップ企業の選出プログラム「Mastercardスタートパス」を日本で初開催(Mastercard)

2019年6月6日8:15

Mastercardは、次世代のフィンテック、コマースのイノベーションを担うスタートアップ企業の選出プログラム「Mastercard Start Path(スタートパス)」を今夏、初めて日本で開催する。これにあたり、Mastercardでは、6月4日~6月28日まで、フィンテックのみならず、広くコマース(商取引)のイノベーションに取り組むスタートアップ企業を対象に、参加募集を行っている。

項目として、決済・コマースにおけるデジタル・カスタマー・エクスペリエンスの向上、加盟店におけるカードのアクセプタンス推進、CRMまたはロイヤリティ施策、モビリティ・アズ・ア・サービス(Mobility as a Service – MaaS)といった内容となる。

同プログラムは、 世界中の1万社以上のスタートアップを評価してきたMastercardが、 未来に向けたコマースソリューションの開発に取り組む革新的なスタートアップ企業を選出し、選出企業の事業拡大を支援するものとなる。2014年の開始以来、世界各地で数多くの協業を進め、人工知能(AI)、ウェアラブルビッグデータなどさまざまなテクノロジー分野において、スタートアップが有するイノベーションを持続可能なビジネスに変えてきたとしている。同プログラムの特徴は、スタートアップ各社のニーズや状況に合わせた支援がなされることだという。

同プログラムの展開は、すでに米国、中国、インドなど、世界各地で実施されている。Mastercardスタートパスは、日本のスタートアップが、Mastercardのグローバルネットワークやパートナー企業に接触することで、さらなる事業拡大、グローバル進出を推し進めることを目的としている。同プログラムで選出されたスタートアップ企業には、Mastercardによる6カ月間にわたる事業運用へのアドバイスとサポート、全世界のMastercardのパートナー企業との連携、そしてMastercardとスタートアップが有する革新的なソリューションを統合する機会が与えられる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop