給与前払い「速払いサービス」提供のエーピーシーズとリアルタイム振込連携(ジャパンネット銀行)

2019年6月13日7:00

ジャパンネット銀行は、2019年6月12日から、エーピーシーズとのリアルタイム振込機能を活用した連携を開始すると発表した。

エーピーシーズの給与前払いサービス「速払いサービス」にジャパンネット銀行のリアルタイム振込機能を導入することで、前払い申し込みをした給与の振り込み、受け取りが24時間365日可能になり、「速払いサービス」を利用する従業員の利便性が向上する。

エーピーシーズ「速払いサービス」とのスキーム図(ジャパンネット銀行)

ジャパンネット銀行の法人向けリアルタイム振込サービスは、送金代行サービスなど、振り込みの自動化を求める企業で導入されている。

なお、「速払いサービス」は従業員がすでに勤務した分の給与の一部をいつでも受け取ることができるサービスとなる。企業に手間をかけないをコンセプトに業務委託型を採用しており、今回のジャパンネット銀行との連携により、これまでのメガバンクスキームなどに加え、さらに豊富なバリエーションの送金スキームを準備することができたとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop