現金砂漠化する英国(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年6月16日9:00

英国ではキャッシュレスが急速に進んでいる。その影響を受け、ATMや銀行支店が閉鎖されている。

 

2018年、英国では毎月460台のATMが撤去された。1989年に18,000店あった支店は、8,000店を割り込んだ。

 

キャッシュレスが進み、現金が枯渇した状況から、英国は現金砂漠と化している。しかし、2018年12月の調査によると、英国では人口の38%が現金は重要だと考えていることがわかった。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop