ペイパル融資1兆円突破(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年6月17日9:00

ペイパルはスモールビジネス向け融資をはじめたのは2013年。サービス名称はPayPal Working Capitalである。

 

その融資総額が100億ドル(1.1兆円)を超えた。225,000件強のスモールビジネスに65万件の融資を実行した。米国以外では、英国、オーストラリア、ドイツ、メキシコでサービス展開している。

 

2018年の米国スモールビジネスへの平均融資額は420,401ドルだった。融資を受けるまでの期間は90日もかかるという。

 

これはスモールビジネスにとって苦痛。そこをペイパルが改善した。即時融資を開発したのである。

 

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop