国内初、「WalletEVO」が「トークン・リクエスターTSP」認定(TIS/Visa)

2019年6月18日19:00

TISとビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)は、Visaのトークンサービスプロバイダープログラム「Visa Token Service Provider(TSP)」の「トークン・リクエスターTSP」に、TISのモバイルウォレットソリューション「WalletEVO(ウォレットイーボ)」が国内初の認定を受けたと発表した。

Visaのトークンサービスプロバイダープログラムは、Visaと認定パートナー企業との連携によってセキュアなデジタル決済の浸透を加速させるプログラムとなる。Visaの認定パートナーの1つである「トークン・リクエスターTSP」は、Visaトークンサービス(VTS)などのネットワークに接続するパートナーで、VTSを利用して消費者向けのデジタル決済ソリューションを提供するモバイル・デジタルウォレット事業者(以下:トークン・リクエスター)が迅速にVTSを利用できるよう支援する。

トークン・リクエスターの決済アプリケーションや携帯電話、今後の拡大が見込まれるインターネット接続機器(IoT機器)などの消費者端末で、Visa決済トークンのプロビジョニングやライフサイクル管理を可能にすること、高いセキュリティ基準に準拠していることを認められ、「WalletEVO」が「トークン・リクエスターTSP」に今回認定されたそうだ。

「WalletEVO」のサービスイメージ(TIS/Visa)

Visaのトークン・リクエスターTSPに認定されたことで、「WalletEVO」ではトークン・リクエスターが独自に提供するモバイルアプリに対して、「Visaのタッチ決済」機能を短期間でスムーズに組み込むことが可能になる。

TISでは、「WalletEVO」をモバイルに加えてウェアラブル端末、IoT家電、コネクティッドカーなどのサービス事業者に向けて展開していくそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop