事前注文・決済が可能な「Mobile Order & Pay」開始(スターバックス)

2019年6月25日16:00

スターバックス コーヒー ジャパンは、2019年6月26日から、東京都内の56店舗で、スターバックスのアプリを通じて注文、決済までを事前に完了し、店舗で商品を受け取る「Mobile Order & Pay」(モバイルオーダー&ペイ)を導入すると発表した。レジの列に並ぶことなくドリンクを手にできるスターバックスのロイヤルティ プログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」参加者だけの新サービスとなる。2020年内の全国展開を目指し、対象店舗と取扱商品の拡充を図り、よりパーソナライズされたデジタル体験を強化するそうだ。

オーダーの流れ(スターバックス コーヒー ジャパン)

モバイルオーダー&ペイは、注文のためにレジの列で待つことがないため、待ち時間の緩和や時間の有効活用につながるという。利用者がアプリを通じて、店舗に着く前に、注文と決済を完了することで、気に入った商品を受け取ることができる。

モバイルオーダー&ペイの日本市場への導入は、アメリカ合衆国、韓国、カナダ、香港、イギリス、中国などに続く形となる。アプリを通じて、店舗で体験するのと同様にドリンクのサイズやエスプレッソのショット数、ミルクの変更など自分好みにカスタマイズも可能だ。

モバイルオーダー&ペイの導入は、「Uber Eats」を通じたスターバックス デリバーズの取り組みやLINEとの戦略提携などに続く、国内のデジタル戦略のペースを、さらに加速させていく取り組みとなるそうだ。

 

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop