福井市内のキャッシュレス推進で協業(オールフクイ実行委員会/PayPay)

2019年7月11日16:00

福井県福井市内のオールフクイ実行委員会、およびソフトバンクグループとソフトバンク、およびヤフーの3社が共同出資するPayPayは、オールフクイに所属する福井市内の約1,000店の商業施設のキャッシュレス化を推進するため、協業していくことに合意したと発表した。

オールフクイ実行委員会は同合意に基づき、所属企業および団体が運営する商業施設への「PayPay」の導入を促進するとともに、販売促進活動などを行う。また、PayPayは、導入にあたり必要なサポートや、オールフクイ実行委員会が主催する販売促進活動の支援を行う。具体的には、2019年9月20日~22日まで、対象店舗での買い物でPayPayボーナスが当たる「オールフクイwith PayPay 大抽選キャンペーン」(後援:福井市)の開催をサポートする。

なお、オールフクイ実行委員会は、福井市内の消費を拡大することを目的に、市内商業者が業態や規模の垣根を越え連携して販売促進等の取り組みを行うため、2017年10月に市内商業者等により設立された。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop