MastercardがおりたVisaとの賭け(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年3月23日9:00

英国の国際送金ソリューション会社のアースポート(Earthport)を巡るVisaとMastercardの買収合戦が、3月8日ついに決着した。アースポートは世界200を超える地域の銀行や企業に決済・送金サービスを提供している。

 

2018年12月27日、Visaはアースポートを買収すると発表。買収価格は1株30ペンスを提示した。24日の終値は8ペンスだから、約4倍の価格をつけたことになる。

 

これに対し、Mastercard は2019年1月7日、1株33ペンスを提示。Visaの1割高の値段をつけた。

 

Visaは黙ってはいない。2月8日にはMastercardの1割増しの37ペンスと価格をつり上げた。このままVisaとMastercardは値段を釣り上げるのではという観測から、株価はうなぎのぼり。50ペンス弱をつけた。

 

しかし、Mastercardは3月8日、入札競争からおりると発表。Visaとの競争に終止符が打たれた。株価は23.4%急落し、36.4ペンスとVisaの最終提示額を下回った。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop